バフォメットファンを自称する    INTエルフ。風属性。     ゴスロリ大好き。


by cursedbird
カレンダー

2007年 02月 20日 ( 1 )

ValentineDream -Climax-

「うん、それだけ。・・・・・・それじゃ・・・・・・。」
「あっ」
あまりに唐突過ぎて、頭が完全に停止していた。
土曜日のこともあって、沈黙が否定として伝わってしまったようだ。
「ま・・・・・・待って!」
呼び止める。
「は・・・・・・、はい・・・・・・」
いかにも怯えた感じで振り向く。
怯えさせている原因は自分だ・・・・・・。
「ご、ごめん・・・・・・、その、土曜日。」
「・・・・・・え?」
「邪魔だって、怒鳴ったでしょ。あれ・・・・・・。」
木村さんは固まっている。
「嘘、というか・・・・・・。っ、ごめん!なんて言えばいいかわかんないけど!
 本心じゃないんだ!絶対に!」
上手く言葉が出てこない自分に苛立つ。
この期に及んで、まだ緊張している。
「実は、さ。あの日、木村さんに会えないかなって、思ってた。」
「えっ?」
「俺も、木村さんのこと、好きだった。いつからかはわからないけど。」

言うことにした。なんで、あんなことを言ってしまったのかを。
「それで、なんかいろいろ妄想しちゃってて。
 まさか、本当に声をかけられるなんて思ってなかったから。
 ・・・・・・その、本当に、ごめん。」
確実に「変なヤツ」だと思われただろう。
それでも、いい。
自分がつけた傷を、少しでもマシにできるんだったら。
「ははっ、ごめんな。勝手な妄想で傷つけちゃって。
 こんな変なヤツ、イヤだろ?」
ムリヤリに笑って、歩き出す。
絶対に、今度こそ嫌われたはずだ。
もう、一秒でも木村さんの前にいたくはなかった。
[PR]
by cursedbird | 2007-02-20 16:29 | 小説