バフォメットファンを自称する    INTエルフ。風属性。     ゴスロリ大好き。


by cursedbird
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2007年 02月 11日 ( 1 )

ValentineDream -SideGirl-

「ふぁ・・・・・・」
もう朝か?
そう思って時計に目をやる。
時計の針は二本とも上を向いている。
なんだ、まだ十二時か。
それにしては、明るいような・・・・・・?
窓の外に目をやる。

ははは・・・・・・、明るいわけだ・・・・・・。
やっと、今が午後の十二時だとわかった。

別に、何をするわけでもないのだけど、とりあえず昼飯を食べて外へ出る。
十四日、バレンタイン、か。
別に、何かを期待しているわけじゃない。
わけじゃ・・・・・・、ないはずなんだけど・・・・・・。
妙な妄想に襲われてしまう・・・・・・。

そりゃあさ。
ここで偶然にも憧れのあの子と出会ってさ。
「あの、これ受け取ってください。」とか言われてさ。
そんな夢みたいなこと、起きたらいいなとは思ってるさ。
でも、ありえねーよなぁ。
はぁ~、と、ひときわ大きなため息をつく。

「あ、あの、本田君・・・・・・。」
あぁ、ついに幻聴が・・・・・・。
「え、えーと、本田君?」
あーもう、消えてくれ。幻覚の分際で俺にまとわりつくな。
「消えろよ!これ以上俺を悩ませるな!」
叫んで、幻を振り払うように振り返る。
そこに居たのは、幻ではなく
「ご、ごめんね・・・・・・。私、迷惑・・・・・・、だったんだ・・・・・・。」
本物の木村さんがいた。
目に一杯の涙をためて。
「え、あ・・・・・・、ごめ」
「ごめん・・・・・・、なさい・・・・・・。」

俺は、走り去る彼女に、どうしても声をかけられなかった。
[PR]
by cursedbird | 2007-02-11 23:17 | 小説