バフォメットファンを自称する    INTエルフ。風属性。     ゴスロリ大好き。


by cursedbird
カレンダー

2007年 02月 01日 ( 1 )

ValentineDream -SideBoy-

「何ィィィイィィイ!?土曜だとォ!?」
このウルサイのは横山満(ヨコヤマミツル)。
何の因果か、七クラスあるこの学校で三年間同じクラスになっている。
「そーゆーこと。義理すら期待できねーな。おめでとう。」
「すらってなんだコノヤロウ。きっと、十四日にはわざわざ家まで本命を」
いつもと変わらないやりとり。
ミツルが興奮気味に持ちかけて、
「ありえん。」
俺が軽く切り捨てる。
一年の時から、何も変わっていない。
「ひでーなおい。つーか。お前はどうなんだ?欲しくないのか?義理でもッッ!」
「別に。」
「お・・・・・・、お・・・・・・、お前はっ!それでも!」
嫌な予感。
こういうとき、止める、という選択肢は間違いだ。
さすがに、三年目にもなればわかってくる。
正解は、防御。俺は耳をふさぐ。
「それでもお前は男なのか本田ァァァアァァアァァアアァ!!」
「その前に、お前はバカだろ・・・・・・」
しっかりとふさいだはずなのに、耳が痛い。
見回すと、教室に居る全員が耳をふさいでいた。
「どこからそんな声出してんだ、お前は。」
「口。」
「あー、わかった。俺が悪かった。だからもう喋るな。」
見せ付けるようにため息をついてやる。


バレンタイン、ね。
もうそんな時期か。
毎年縁がない上に、一年も間が空くんだ。
覚えているわけがない。
そりゃあ・・・・・・、期待してないわけでもないけど・・・・・・。

チラリ、と教室の一角に目をやる。

ま、ヘタな期待は、な。
[PR]
by cursedbird | 2007-02-01 20:40 | 小説