バフォメットファンを自称する    INTエルフ。風属性。     ゴスロリ大好き。


by cursedbird
カレンダー

2007年 01月 31日 ( 2 )

SSだけ駆け足で

d0039293_21284819.jpg

全茶に反応したらコールくれましたw
これからもエルウィぐだぐだ日記(何か違う)をよろしくお願いします。


d0039293_21293666.jpg

うぇーいヽ(゜∀゜)ノ

死んだら開き直ってキリ番狙ってます。
[PR]
by cursedbird | 2007-01-31 21:28

ValentineDream -Opening-

とある中学校。その三年三組の教室。
「バレンタインはね、一年に一度、女の子が積極的になれる
 神様がくれた勇気の出る日なの!」
一人の少女が胸の前で手を組み、多少大げさに語る。
「ミー、あんたまだそんなこと言ってるの?」
「乙女だねー。」
語られていた二人の少女が笑い、ミーと呼ばれた少女がむくれる。
長めのお下げ髪が特徴的な彼女の名前は、木村美崎(キムラミサキ)。
「むー、チカちゃんもアキちゃんも、酷いよー・・・・・・。」
真剣に落ち込む美崎を見て、
髪を短くそろえたボーイッシュな少女、長谷知佳(ナガヤチカ)と、
ややおかっぱ気味な少女、七川秋菜(ナナカワアキナ)が、さらに笑う。


同じ教室の別な一角。
「いよいよだな。」
坊主頭の男子が一人ほくそえむ。
「ん?何が。」
いかにも「テキトー」感が抜けない髪型の男子が顔を上げる。
その、イマイチ意図が伝わってなさそうな返事に、坊主頭の男子が顔をしかめる。
「お前、それ本気で言ってんのか?ヴァレンタインを知らないと?」
舌を巻いて、やけにねちっこく発音をする。
「それでもお前は男なのか本田ァァァアァァーーーー!!」
最後に大声で叫ぶ。クラス中の視線が痛い。
やがて、「いつものことか」と視線が散り始めた頃、
本田こと本田誠治(ホンダセイジ)は大きくため息をついた。
「はぁ。そういや、もうすぐだったな。・・・・・・てか、叫ぶな。そのくらいで。
 でも、今年は土曜じゃん。学校ないけど?」


それは二月十二日の昼休みの出来事。
[PR]
by cursedbird | 2007-01-31 17:36 | 小説