バフォメットファンを自称する    INTエルフ。風属性。     ゴスロリ大好き。


by cursedbird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

New蟻穴 個人的見解。

さてさて、新しくなった蟻穴ですが、新モンスは3匹居ますね。

※SSはありませんがご了承ください。

まず、ヤングムリアン。
こいつはヤングというくせにデカい。
ヤングってーのは若いって意味だし、何でだろう。

で、勝手に考えてみた。

「ヤングムリアン」
孵化するとまず、とにかく栄養を得るために食いまくる。
で、自然とデカくなる。

「ムリアン(DVC)」
で、育ってくると、今度は自らの肉体を強化するために栄養を使い始める。
で、小さくなる代わりに、クソ痛くなる。

どうよ?

ところで、ムリアンって蟻じゃねーだろ!って思ってる人
居ると思うんだが、そうでもないっぽい。
あるサイトから持ってきたけど

名称ムリアン(Murian)
分類1膜翅目アリ科
分類2妖精
生息地コーンウォール地方
大きさ1センチ以下

 天使の羽根といえば白い鳥、悪魔の羽根といえば黒い鳥かコウモリとイメージが固定化しているように、妖精といえば蝶や蛾といったムシの羽根がイメージされる。有名なシシリー・メアリー・バーカーの妖精もムシの羽根をつけている。おそらくは小さく可憐ということに着想しているのだろうが、ここにちょっと変わった妖精がいる。
 ムリアンはイギリスのコーンウォール語で「蟻」を意味する。コーンウォールの人々が信じていた妖精は、変身する回数に制限があったらしく、能力を使うたびに小さくなっていくようだ。もっとも小さくなった状態の妖精が蟻で、それ以上変身しようとすると消えてしまう、そんな行きつく先がムリアンなのである。だから、コーンウォールの人々は、けして蟻を殺そうとはせず、蟻を殺すことは不吉なことだと考えていたようだ。
 蟻というムシは、人間にされたり、労働者にされたり、果ては数字の3にまでされて(フランスの詩人ルナールの詩)実に忙しい。まさに何でもアリである。

ん、まて。
じゃあDVCのムリアンが小さいのは変身を繰り返したからなのだろうか?
そういえば変身sc持ってるし・・・。


グランド センチピード
こいつは正真正銘蟻じゃない。
絶対ムカデ。
で、やっぱ名前気になったので軽く検索。

結果、なんか「機械ムカデ」?
それっぽいとこばっかHitした。

と、言うわけで今度は和英辞書。

【a centipede】

うん、ビンゴ。どうやらただ単に英訳しただけっぽい。

ちなみにグランドは「地面」を意味する「ground」かなぁ?

そうそう、コイツの麻痺毒は2分近くくるので解毒忘れないように。


ジャイアント アントウィッチ

遠距離攻撃かましてくるありんこ。
赤い。ミュータントアントソルジャー見たことない人はビビるかな?
まぁ居ないと思うけど。

コイツの遠距離は火リングで軽減できるっぽい。
酸だと思ってた。つまり無属性だと。
火吐くなんてやるねぇ。

こいつは見解はナシ。

強いて言うならwitch = 魔女


以上、攻略とは一切関係のない見解でした。
[PR]
by cursedbird | 2006-10-17 20:02 | 雑談